「修繕積立金」はどのような時にどんな所で使われる?

意外と知らない、でも知っていると役立つ賃貸の常識を解説!

不動産用語について深く知ろう

敷金と積立金は同じ?

敷金と修繕積立金は、基本的には同じものです。
入居時におさめた修繕積立金はそのままプールされ、居室の修繕が必要になった際にその費用として充当されます。
積立金は礼金とは違い、あくまでも居室の改修にそなえて徴収されたものですので、入居期間中に使われなかった分は退去時に返還されることになります。
敷金と礼金は同じであるとして、退去時の返還請求に応じないオーナーもいますが、それは法的に見ても違反行為であり、しかるべき手続きを踏んだうえで強制的に変換させることが可能です。
また、ごくまれに敷金と修繕積立金を同時に徴収するオーナーがいますが、これもまた違法であり、両方を支払う義務はまったくありません。
きちんとした法律知識を身につけて、契約内容を隅々まで理解できるようにしましょう。

賃貸の改修!どこまでが自己負担?

賃貸物件で暮らすうえでしばしば問題となるのが積立金と自己負担の境界線です。
すべての改修費用が事前の積立金によってまかなわれるわけではなく、ケースバイケースで自己負担による改修となることがあります。
原則として、故意による破損や損傷に関しては積立金の対象とはなりません。
つまり、寝たばこなど、本人の不注意による破損の場合は全額が自己負担となり、経年劣化など入居者の責任によらない事故については積立金が充当されることになります。
このあたりのことは本来、入居時に明確に取り決めておくべきであり、言いにくいからと曖昧にしておくといざとなった時に予想外のすれ違いが起き、その後の軋轢につながってしまう可能性もあります。
賃貸契約書は必ず退去時まで大切に保管しておき、トラブル時にはすぐに見返せるようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る