様々な呼吸法 | ヨガで様々なポーズをとって、心身ともに健やかになろう
美容にも大変良い
ヨガの効果とは

様々な呼吸法

ヨガの独特なポーズに注目が集まりがちですが、ポーズと同じくらい大事な要素が、呼吸法です。
呼吸法とは、呼吸を行なうことによって身体の機能を高め、メンタルを整える訓練のことです。内蔵などの働きは無意識で行ないますが、生命活動の中で唯一自分の意志でコントロール出来るのが呼吸です。
普段意識せずに行なっている呼吸の訓練を行なうことで、心身ともに鍛える事ができます。
ヨガの呼吸法として代表的なものが、腹式呼吸です。腹式呼吸は肋骨を開いて胸を開くという方法です。腹式呼吸を行なうことによって、副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になっている時は、人間がリラックス効果を得ている状態です。身体の隅々まで酸素を届けることができるので、冷え性にも効果が期待できます。

その他にも、丹田呼吸法という呼吸法があります。横隔膜の鍛錬になり、免疫力を向上させます。風邪をひきにくく、治りやすい体質になります。
姿勢がよくあなるという嬉しい効果もあります。物事に取り組む前向きな気持を養うことが出来る呼吸法としても知られ、武道の世界でも広く親しまれています。
その他にも、ウジャイ呼吸法、旗呼吸補、カパラバティ呼吸法などがあります。それぞれの呼吸法に違ったメリットが有ります。
ヨガのポーズを取りながら、呼吸法をマスターすることで、様々な場面で適切な呼吸法を行なうことが出来ます。
ヨガのポーズをとっていなくても、呼吸法を行なうだけでも効果はあります。ポーズと呼吸法の両方をマスター出来るように取り組みましょう。