「修繕積立金」はどのような時にどんな所で使われる?

意外と知らない、でも知っていると役立つ賃貸の常識を解説!

意外と知らない修繕積立金の意味

住宅の場合、長期間住むほど、いつかは改築の必要性が出てきます。
場合によっては大がかりな改修が必要になることもありますが、住宅改修における最も一般的なパターンは「老朽化」です。
とくにリフォームが必要となるのは階段です。
都市部の狭い土地に建てられた賃貸物件では階段が多くあり、高齢者にとってはケガのリスクが高まります。
高齢化も深く影響しています。
地方都市のほとんどの賃貸物件では大規模なバリアフリー工事が必要です。
物件のバリアフリー化にあたってオーナーとしてすべきなのは、事前に専門家の助言を求めることです。
バリアフリー工事の場合は専門的なノウハウが必要となることが多く、一方的な前提で改修を計画すると、かえって住みにくい住宅になる可能性があります。
バリアフリー工事にくわしい専門家には、ケアマネージャー、理学療法士、福祉生活環境コーディネーターなどがいます。
また、修繕積立金は敷金と表されることも多く、同じく入居時にまとめて払い込む礼金と混同する部分があります。
敷金と礼金は一見すると同じようでありながら、その意味するところは微妙に異なっているため、正確に理解していなければ後々大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
このサイトでは敷金の本来の意味についてくわしく説明するとともに、賃貸物件では必須用語ともいえる共益費についても掘り下げています。
賃貸物件に住んでいる方はもちろん、将来的に賃貸経営を視野に入れている方もぜひとも参考になさってください。

TOPへ